TちゃんとMちゃん


by meitoku
 先日(5/21)は第三日曜日ということで、恒例のフリーマーケットにH子さんが今回もお店を出しました。好天に恵まれ100店舗以上の出店者と大勢のお客さん。午前中だけ手伝い午後からはパチンコへ。後で聞くと売り上げの何倍もの負け。とても口にはできません。小人閑居して不善をなす・・・・。体は大きくて家にはいないのですが・・・。

d0073901_19301573.jpg
d0073901_19313897.jpg
宮崎の赤江から来たというミニトマトを売る店は大繁盛で午前中には完売。甘くておいしいミニトマトでした。
d0073901_19345310.jpg

[PR]
# by meitoku1947 | 2017-05-27 19:43 | 祭り・イベント | Comments(0)

三股の黄色アヤメ

 今年は三股の細目川上流にあるため池の黄色アヤメの花を見に行くのをすっかり忘れていました。今の時期ならもう花が終わっているはずですが、今年は朝夕が冷え込む日が多く、もしやと思いおととい出かけてみました。予想が的中、まだ十分にきれいでした。訪れる人もないのに毎年毎年花を咲かせています。
d0073901_07283338.jpg
d0073901_07282118.jpg
d0073901_07281124.jpg
d0073901_07285598.jpg
d0073901_07284606.jpg

[PR]
# by meitoku1947 | 2017-05-22 07:29 | 季節の草花・野菜などなど | Comments(2)

田植えの準備2017

今年もそろそろ田植えの準備が始まりました。今までは人影の見られなかった田んぼのあちこちで、トラクターが動き回り、畦の草払いをする人の姿が見られます。我が家の田んぼもすでに田おこしが終わっていました。順番が逆ですが急いで田の畔の草払いや溝の掃除を行いました。田植えは今年も6月10日頃になるとのことでしたが、温暖化の影響か少し早めになることもあるとか。

草刈りと掃除前の溝です。
d0073901_07133625.jpg
草刈り後と掃除後の溝です。
d0073901_07132221.jpg
草刈り前の畔。
d0073901_07130527.jpg
草刈り後の畔
d0073901_07134881.jpg
田おこしのすんだ我が家の田んぼ
d0073901_07135626.jpg

[PR]
# by meitoku1947 | 2017-05-22 07:22 | 季節の風物詩 | Comments(0)

田植えの準備2017

今年もそろそろ田植えの準備が始まりました。今までは人影の見られなかった田んぼのあちこちで、トラクターが動き回り、畦の草払いをする人の姿が見られます。我が家の田んぼもすでに田おこしが終わっていました。順番が逆ですが急いで田の畔の草払いや溝の掃除を行いました。田植えは今年も6月10日頃になるとのことでしたが、温暖化の影響か少し早めになることもあるとか。

草刈りと掃除前の溝です。
d0073901_07133625.jpg
草刈り後と掃除後の溝です。
d0073901_07132221.jpg
草刈り前の畔。
d0073901_07130527.jpg
草刈り後の畔
d0073901_07134881.jpg
田おこしのすんだ我が家の田んぼ
d0073901_07135626.jpg

[PR]
# by meitoku1947 | 2017-05-22 07:22 | 季節の風物詩 | Comments(0)

季節の恵み

 晩春の自然からの贈り物を二つ。
我が家から軽トラで10分ほどのところの都城市の横市川堤防の「こさん竹」のタケノコ。
今年も何度目かのタケノコ採りに行きました。毎朝の味噌汁の具になります。大好物です。茹でたあとに冷凍して保存もしておきます。

タケノコは左側の竹藪の中に入って足で蹴って採ります。1時間ほどで相当採れます。
d0073901_04445946.jpg
d0073901_04450742.jpg
d0073901_04451801.jpg
こちらは畑から採ったジャンボそら豆。今年は「ナメ虫」の被害も少なくいっぱい収穫しています。知り合いにあげたり、家の前でスーパーの半値で売ったりしていますが喜ばれているようです。

そら豆の畑です。
d0073901_04445084.jpg
d0073901_04442935.jpg
d0073901_04443940.jpg

[PR]
# by meitoku1947 | 2017-05-17 04:59 | 季節の草花・野菜などなど | Comments(0)
先日(5/18)、曽於市観光特産開発センター主催の曽於市の西南戦争史跡巡りに参加しました。参加者は地元の曽於高校3年生8人ほどを含め20数人が小型バスで、午前9時に曽於市立図書館を出発し、弥五郎の里で昼食をとり、午後3時半ごろまで。訪ねた史跡は、戊辰戦争時の地元私領5番隊の記念碑と西南の役の地元犠牲者を祀る忠魂碑の建つ岩川八幡神社、岩川官軍墓地、薩軍墓地、脛切段、皆越台場跡、日光神社などなど。昨年この地の西南の役の史跡巡りを一人バイクで回っており、ほとんど訪ね当てていたところでしたが、現地で専門の先生から説明を聞くことは、初めて知るようなこともあり楽しく有意義な一日になりました。驚いたことに説明をされたK先生は、昨年この地を廻った時に不明の場所など電話でいろいろと教えていただいた方でした。電話では年配の方だと勝手に想像していましたが若い方だったのにもビックリ。

このバスで廻りました。
d0073901_05000114.jpg
官軍墓地。墓石にわざわざ長崎県本渡市の下浦石が使われている理由が今一わからなかったのですが単に加工しやすさの点からだったとか。また、墓全体の形から供養墓で遺体を埋めた場所は別だったはずだと思っていましたが、やはり元の墓は今の墓の下のほうにあり,今のところには昭和42年に改葬されたのだとか。
d0073901_04591415.jpg
こちらは薩軍墓地。官軍墓地から北東の方向数キロのところの丸山原というお茶畑の広がる片隅の山林の中。前回訪ねたときはスギ林の中にひっそりとありましたが、今は周りの木々は伐採されて陽光の中にありました。官軍墓地と違い、埋葬された方の氏名はもとより、埋葬された人数も分からないとのこと。
d0073901_04593297.jpg
d0073901_05012824.jpg
曽於市のはずれ牧之原との境付近の坂元集落にある官軍の砲台跡の皆越台場跡。土塁はこの場ではなくて、写真右手のスギ林の中。この場からは数百m。
d0073901_04590526.jpg
土塁跡の残る杉山の中。
d0073901_04582023.jpg

[PR]
# by meitoku1947 | 2017-05-14 05:57 | 史跡めぐり | Comments(0)

子供の日2017

 今年のこどもの日は一晩泊りで、宮崎からMちゃん家族が我が家にやってきました。単身赴任中のパパも一緒に。
 夕方は、Mちゃんたちの希望で庭先でバーベキュー。玉ねぎとキャベツは畑から採ったやつ。ジャンボそら豆とスナップえんどうも採ったのですが、そら豆は嫌いだとか。
 翌日5日は、川遊びがしたいというので毎年夏に我が家に来た時に連れていく小川に。
d0073901_05072731.jpg
d0073901_05074372.jpg
都城島津邸のイベントで人力車にも乗ってみました。
d0073901_05075772.jpg

[PR]
# by meitoku1947 | 2017-05-12 05:20 | 孫たちと | Comments(0)

庭のエビネ2017

 
中学時代の同級生からもらったエビネが今年も花をつけました。花が咲いてから肌寒い日が続くせいか、花もちが長いような気がします。庭に植えたエビネの数は50本以上はあるのですが、日当たりなどの関係か消滅してしまったものも多く、咲いているのは10本ほどです。
d0073901_06344539.jpg
d0073901_06343750.jpg
d0073901_06342670.jpg
d0073901_06341693.jpg

[PR]
# by meitoku1947 | 2017-05-05 06:37 | 季節の草花・野菜などなど | Comments(0)

早水公園のあやめ

我が家から車で5分ほどのところにある早水公園。仁徳天皇の妃となった髪長媛が生まれたとの伝説のあるところです。早水池の周辺ではアヤメの花が今見頃です。4月29日の祭日にはあやめ祭りも開催されたようです。

早水の池のアヤメ。今年は開花が例年より少し遅れているようです。
d0073901_07590218.jpg
すぐ近くのアヤメ園のアヤメ。
d0073901_07585210.jpg
北海道の厚岸町から贈られたアヤメだそうです。このアヤメ園には日本各地から贈られたアヤメの花が今咲いています。みんな同じような花ですが・・・・。
d0073901_07591191.jpg

[PR]
# by meitoku1947 | 2017-05-03 08:02 | 季節の草花・野菜などなど | Comments(0)
 昨日は天気がいいのでバイクで庄内方面へぶらりと出かけてみました。庄内川の堤防には今年も多くの鯉のぼり。
 庄内(都城市から霧島方面へ車で15分、関之尾の滝で知られます)の町の中心の消防団詰所の敷地のかど隅に、山頭火の句碑が建てられていました。句碑の横に立てる説明板の設置工事中の人に聞くと、除幕式が5月7日(日)午後からとのこと。説明板を読ませてもらうと、山頭火は昭和5年の秋にこの地を訪れ、バス停近くのポンプから汲み上げた水がうまかったと日記に記し、3時間の行乞(この地では「かんじん」といっていました)をして都城へ向かったとのことです。
 句碑に彫られた句は「あかつきの高千穂には雲かげもなく」。山頭火の句碑が都城に建つのは市内の東のお寺の境内に次いで2基目だそうです。

庄内川の堤防の上に泳ぐ鯉のぼり
d0073901_07182796.jpg
都城市に2基目の山頭火の句碑
d0073901_07183811.jpg

[PR]
# by meitoku1947 | 2017-05-03 07:20 | その他 | Comments(0)