稲刈りと新米

今年の稲刈りも昨年と同じ10月10日にしてもらいました。2反歩が約1時間で終わります。
昨年は「ウンカ」にやられて大きく減収。このため今年は1回だけ防虫薬を収穫前に散布してもらいました。完全無農薬の稲から減農薬の稲となりました。ところが稲刈りをしてもらうプロの農家の方が、「いもち病」と「立ち枯れ病」が入っているといわれてがっくり。収穫も1反当たり30㎏の米袋が17俵弱で、化学肥料などを入れた田んぼは22俵ほど取れることからすればかなり少ない収穫になります。完全無農薬に化学肥料無しの米を作るのは大変です。今日の朝は早速新米のごはん。畑から採ってきたでこん葉(大根の葉)の漬け物に、里芋の味噌汁。最高のご馳走です。

稲刈り中
d0073901_16555280.jpg
d0073901_16554212.jpg
稲刈りの終わった田んぼ
d0073901_16561337.jpg
新米です。
d0073901_16562586.jpg
新米のごはんはまず仏壇へ
d0073901_16563599.jpg

[PR]
# by meitoku1947 | 2018-10-12 17:10 | 季節の草花・野菜などなど | Comments(0)

台風25号 2018年9月

 9月30日は朝から昼過ぎにかけて台風25号による暴風域に。窓から見る外は激しい風と雨が吹き荒れている。庭の4本の柿の木の葉っぱはほとんどが風雨に吹き飛ばされたものの、柿の実は落とされまいと必死で枝にしがみついているのが痛ましい。
 嵐が去つて行くと、一本の渋柿は実が全部落下、甘柿は20個くらいが枝が折れて落下。でも大半は健気にも落下せずに無事。良かった。
 田んぼの稲も倒伏もなく一安心。あとは10日頃の稲刈りを待つだけ。
d0073901_06363789.jpg
d0073901_06364817.jpg
d0073901_06362776.jpg
田んぼの稲も無事で一安心
d0073901_06371443.jpg
近くの田は少し倒伏している
d0073901_06372603.jpg

[PR]
# by meitoku1947 | 2018-10-02 07:01 | その他 | Comments(0)

晩酌がうまくない・・・

 9月14日から28日までの15日間、自宅から隔離された場所でアルコール抜きの生活。苦難、苦難に耐えて我が家に帰っての晩酌に缶ビール1本をこわごわと飲むも、苦いしうまくない。なんで。ビールってこんなに苦かったのか。半分も飲むことが出来ず。翌晩からは日本酒にしたがこれもまずくて飲めない。安酒だけの理由ではなさそう。その次の晩からは、霧島をお湯6で割って飲んでようやく何とか飲めてコップ2杯。体質が変化したのかなと思う。体調がもとに戻らないせいかも。少しづつまた慣れていければいい。
d0073901_06375268.jpg

[PR]
# by meitoku1947 | 2018-10-02 06:49 | 食べ物 | Comments(0)

山頭火の句碑の除幕式

 2018年9月25日(火)、都城市牟田町の攝護寺境内に山頭火の句碑が完成し、約50名余が参加して除幕式が行われました。句碑には、山頭火の「捨てきれない荷物のおもさまへうしろ」の句。句碑は、市民有志の「都城に山頭火の句碑を建立する会」と「攝護寺」が協同して建てたものです。「都城に山頭火の句碑を建立する会」がかかわる句碑は今回で3基目でとなりますが、今回で浄財を使い切ったため最後の建立となりました。
 除幕式では、お寺に隣接する天竜幼稚園の園児たちが紅白のひもを引いて除幕したあと、主催者や参加者が句碑に山頭火の好んだ酒を句碑に注いだり、建立記念の俳句募集に応募された中から「山頭火賞」や「攝護寺賞」などが発表され、表彰式も行われました。
d0073901_02245488.jpg
d0073901_02255364.jpg
d0073901_02233516.jpg

[PR]
# by meitoku1947 | 2018-10-01 02:46 | 祭り・イベント | Comments(0)

晩酌できる幸せ

 今夜も晩酌できる、幸せな日々がずーっと続いてほしいなと思う今日この頃です。
d0073901_10595522.jpg

[PR]
# by meitoku1947 | 2018-09-08 11:00 | その他 | Comments(0)

石造りの街 庄内を歩く

 8月25日(土)午前中、庄内在住のKさんの案内で庄内の街を10人ほどで見て廻りました。旧持永邸の石積み、山頭火の句碑、都城島津家墓地、旧庄内街道の一部、願心寺などです。庄内は石造りの街といわれるほど、屋敷入り口の門や道沿いの壁などに石積みが多くみられます。これらの石造りの建造物は、前田用水路を建設した前田正名に見込まれた石工の徳永長太郎という人が鳥取から移住して、願心寺の亀甲積みといわれる石壁を築いた後に持永邸や町内のあちこちの石の門や石塀を造ったといわれます。町内を南北に走る大通り(三島道路)からは見えませんが、一歩裏の筋に入るといたるところに見ることが出来ます。庄内の街は何度も訪れてはいますが、地元の人の案内で歩くと新しい発見があり楽しいものです。
石積みの塀

d0073901_12043932.jpg
石造りの蔵
d0073901_12034131.jpg
願心寺は浄土真宗本願寺派の寺で、明治11年にこの地に。今の本堂は京の宮大工が6年をかけて明治39年に完成。総ケヤキ造り。山門と共に都城で最初に都城島津邸よりも早く、国の登録有形文化財に指定されています。
d0073901_12040881.jpg
願心寺の庭は、奈良の庭師が造ったといわれます。
d0073901_12031159.jpg
本堂前の水鉢には睡蓮の花が一輪。
d0073901_12032910.jpg

[PR]
# by meitoku1947 | 2018-08-27 12:20 | 史跡めぐり | Comments(0)

出穂が始まる(2018年)

 2,3日前から我が家の田んぼの出穂がちらほら見られましたが、今朝は8割程に拡がっていました。稲の白い花が咲き始めるころに台風20号の襲来かと気になりましたが、幸いにも避けていくようです。台風の進路に当たる四国などの人たちは心配なことだろうと思います。
 天候のせいか、田植えは昨年より2日ほど遅かったのですが、出穂(しゅっすい)は昨年より3,4日ほど早いようです。出穂時期の苗は水を多く必要とするといわれ、田んぼに水を欠かさないように、田に張った水が太陽熱で高温にならないようにと水管理が重要だといわれます。今年も水の心配はないので、田んぼの水はかけ流しです。
d0073901_08210143.jpg

[PR]
# by meitoku1947 | 2018-08-23 08:24 | 季節の草花・野菜などなど | Comments(0)
 今年の3月に続いて、TちゃんとNちゃんがお母さんと3人で我が家に遊びにやってきて8/8から12日まで滞在しました。
 この間に、2年前に行って大いに気に入った山之口の谷川に遊びに再び行ってきました。下の写真はその時のもの。水浴びに魚釣りそして昼飯を川原で食べ、谷川の流れで冷やしたスイカとウリを食べました。
 川遊びのほかには、都城イオンのゲームセンタ―等で何回か遊び、11日夜の盆地祭り、お墓の掃除の手伝い、田んぼのジャンボタニシとり、宮崎ではMちゃん家族と観光ホテルで昼食を食べ、この日棟上げ式のMちゃんたちの建築中の家を見るなど楽しい日々をあっという間に過ごし、12日の夜に鹿児島空港から旅立って行きました。
d0073901_08304902.jpg
d0073901_08312170.jpg
d0073901_08321840.jpg

[PR]
# by meitoku1947 | 2018-08-14 08:48 | 孫たちと | Comments(0)
8月1日から3泊4日で、宮崎空港発の香港・マカオのツアーにMちゃんと二人で参加。二人だけの旅は初めて。宮崎からの参加者は私たちを含めて11名。香港マカオは初めて。Mちゃんは初めての海外旅行。楽しんでくれたようです。

香港のビル街群
d0073901_04371210.jpg
2階建て電車にも試乗
d0073901_04432751.jpg
             山の上からの夜景
d0073901_04342219.jpg
             船上からの夜景
d0073901_04333480.jpg
         北京ダックや中華の食事
d0073901_04355087.jpg
d0073901_04385133.jpg
           マカオの世界遺産、聖ポール天主堂
d0073901_04533992.jpg
            マカオの偽エッフル塔にも昇る
d0073901_04535455.jpg
d0073901_04591784.jpg

[PR]
# by meitoku1947 | 2018-08-14 05:07 | 海外の旅 | Comments(0)
 7月21日(土)11時からアソカ寺で、大じっじの13回忌と大ばっばの3回忌を一緒に行いました。参加したのは9人。ひ孫たちはみんな用事があり参加できませんでした。
 昼食は、母智丘の洋食屋で。
d0073901_04255259.jpg
d0073901_04260045.jpg
d0073901_04262801.jpg

[PR]
# by meitoku1947 | 2018-07-25 04:27 | 記念日 | Comments(0)